FC2ブログ
G I F T
ややスピな日常をゆる~く贈ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祖父不孝
こんばんは



私、ただいま落ち込んでいます。



私は父すら会ったことのない、戦死した祖父が好きでした。

祖父は私が産まれるずっと前に亡くなっています。

しかし、何故か私はとても祖父が好きで

こっそり写真立ての中にある小さな写真を盗み、生徒手帳に入れて学校に持ち歩いたりしていました。

人生で初めてお盆に不思議現象にあった時も

「おじいちゃん!?」と思っていました。


祖父について詳しい戦死先を知ったのは祖母がなくなった時です。

祖母の仏壇の中からそのことが記されたものをみつけました。


私は縁があったらその地に呼ばれることもあるのかも、と心に留めていました。


そして今日、

なんとなく気になってテレビをつけて見ていると

祖父の戦死先の地が出てきました。


何か手掛かりがあるかもしれない、と眺めていると

涙がポロポロでてきました。

そのままテレビを見続けていると

「ごめんなさい、ごめんなさい・・・」

という気持ちが胸一杯に押し寄せて

私は号泣しながら「ごめんなさい」といい続けました。


しばらくして それに飽きてきた私は

この「ごめんなさい」は私の気持ちではない、ということがわかりました。

となると、祖父(もしくは全く他人のその地の何か)である可能性が高く、

そこで祖父に思いを馳せると

また「ごめんなさい、ごめんなさい・・・」


祖父はこの地で苦しんで、悲しくて、辛くて、切なくて、悔しくて、、、

こんな思いをしながら死んでいったのかと思うととても悲しかったです。

その祖父の無念を癒すのは少し大仕事でした。

もしかするとまだ癒し切れていないかもしれません。


そして、そんな思いをしてまでつないでくれた私の命を

大切にしなくてはいけない、と思いました。その時は。


その時はそう思ったのですが

祖父の想いに値するだけの頑張りを私はしていないし、

この一生ではできないであろうと考え

私って無力。祖父不孝。

というネガティブ路線に乗り上げ落ち込んでいたわけです。



私が何をすることで私の魂は輝き

祖父の無念が浮かばれるのか、

ここしばらくの課題になりそうです。









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mgift.blog55.fc2.com/tb.php/552-ce623d6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。